◆音冠◆

~目の前の一瞬一瞬を大切にできない人が大きな【夢】を叶えることはできない~

今日は。

今日は合唱コンクールでした。

寒いこの季節。
体育館の中に入ると生ぬるい空気が貴方をお出迎え~

・・・って嫌じゃ。

私達のクラスは残念ながら金賞はおろか、銀賞さえ取れませんでしたっと・・・φ(.. )メモシテオコウ

むぅ。

まぁ、先生の言うには、
「全体的にバラバラ」

というそうですね。

他のクラスはパートごとでもまとまっていた。

おそらく・・・
バラバラだったのが敗因なのでしょう。

ちくしょーー(`Д´) ムキー!

あい終了。

終わった事をとやかく言うタチではないので。

ではではお次。

・・・。



・・・ないかな・・・・(?)

最近やること無くてー^^
ダメですね^^; これw

まぁ後の行事はしばらく無さそうなので・・・。

の~~~~んびり^^

しときます(いつもじゃん!って言わないでくれ!)

そうそう。


前回ぐらいに書きました。

捨てた剃刀。

一辺拾ってポケットに入れてたんですが・・・。

ある事がありまして、色んな所を歩いていました。

ふと、ポケットの中を確認。

















あれ?









ない。








ヤバ (つд⊂)ゴシゴシ

これ教師らにバレるとヤバイwwww

誰かこっそり持ってるなら私に返してくれーーーー('д` ;)



ではでは。


以上だす。

捨てた

ポケットに忍ばせた一本の剃刀。

なんだかこんな物持って強くなっていると勘違いしている自分が悔しくて。

窓から捨てていった。

冷たい風に流されて、剃刀は地面に吸い込まれていった。

まだ新しい剃刀。

血だって付いていない。

だって


まだ切れなかったから。

私の心を占めている人に、このことが知れたら。

そう思うと、いくら切りたくても切れなかった。


まだ悔しいと思う。

あのまま切って。
熱いお湯につけて目を閉じる。

きっと次の瞬間は・・。
もう無いだろう。

そんな時を静かに待っていた。

でもいくら待っても来るはずが無い。

今を・・・
生きているから。

死ぬことに恐怖を持つ。

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

私が素直に泣ける場所は、たった一つ。

姿の見えないカーテンがひかれた場所でだけ。

思いっきり泣けるんだ。

段々・・・。

学校だけでなく、家の中まで居場所が無くなっているから。

だから・・・。

だから・・・

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□■*:;;;:*□■*:;;;:*■

遠くに見えた空。
先を細くした雲が広がっている。

その後ろを見守るように、赤い顔をした人がいる。

いいね。
この季節。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

もしかしたら・・・。

今の私の好きな人は一応、成人しています。

しかし、こう思うんです。

大人の男への憧れを、恋愛と勘違いしているのではないか・・・・。

と・・・。

こればかりは自分でも分からなくて。

少しずつ不安が大きくなるのと反比例して、熱くなるその人への想いが静まるのを感じた。

そうだったのか。

そうだったんだね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【ありがとう】  そう言いたくて。

何とか今まで生きています。

どうして私が今まで生きていこられたのか・・・。
誰に、どのように支えられて生きてこられたのか・・・。

振り返って、振り返って。

本当に沢山の人に助けられていたことにやっと気付く。

どうして今の私は素直じゃないんだろう。
どうして信頼できるはずの人を信頼しないんだろう。

どうして・・・・。

自分に沢山の質問を投げかける。

でも、絶対に答えない。
そんな自分がいる。

でも、現に今まで生きてこられたのは・・・?
支えてくれたのは人だけではなかった。

【音楽】


だってそうだったはず。

じゃあ私が一年生の頃はどうだった?

もし私が吹奏楽部に入っていなかったらどうなってた?
きっと、2年生になって出会ったあの人には会えなかった。


要するに。






死んでたってこと。





自分でもこう思う。

強くなったな・・・。

てさ。

でも、そろそろその強さが弱くなる。

弱くなるんじゃないかな。







人間として生きていくのにもそろそろ疲れてきている。

周りのことを考えるのは仕方のないことと思う。

でもさ・・・。

最近の私はまた元に戻って行ってる気がする・・・。

戻れるかな。


あの時の私に。





何かを見失っていく。

捨てていったんじゃない。

どこかに落っことしていった。


もう拾えない から。


新しいのを探すしかない から。

じゃあ今までに覚えていることを忘れないでおこうや!

まぁ、人間やけんね。

忘れる事だって一杯ある!

やけど、そこでいちいち立ちどまっとったら意味無いやろ?
人間の時間ってのは凄く長いようで短い。

やけん、失敗したらそこで直すしかないやん!

てな訳で、これからは何か嫌なことあっても、プラスでいくことにする!

では!

ザンギでも食べますんで。

頂きまーす。



そして。


さようなら!













わすれてた!


今まで私を支えてくれて有難う!

これからも、仲良く宜しく!

すねてんのか!!!

はいはい。

今日は家族でお寿司へ!

ちょっと近い場所にある(かっぱ寿司)ですね。

お寿司を頼むと、何かレールに乗ってくるじゃないですか。

今日私達はあるものを頼みました。

サーモン

うに 

えんがわ ×2

レーン一回によって届けられるお寿司の数は4つまで。

待つ・・・。

(まもなくご注文の品が到着します)

きたあああああああオオーw(*゚o゚*)wオオーw(*゚o゚*)wオオーw(*゚o゚*)w


サーモンひとつ。

(つд⊂)ゴシゴシ →(゚∇゚ ;)エッ!?

4つまでのるよね・・・。

まぁ、偶然か。


次。

うに一つ。

Σ(´д`;)


いやいや・・・


偶然。偶然だって。


続いて。

えんがわ2つ。

やーっぱねー。偶然よ^^

では次のお寿司頼もう。

今度はまぐろ、うに、かつおなどです。

ガー・・・・(お寿司が来る音)

まぐろ一つ。

(; ̄Д ̄)

嫌な予感する。

先に頼もう・・・。

頼もうとするとまた来た!
うに一つ。

Σ(`□´/)/

注文中にお寿司が来ると、タッチパネルは画面が変わってしまうので扱えない。

次に頼むお寿司を選んで・・・。

ガー・・・


おい(`・д・´)


カツオ一つ。

(((( ;゚д゚)))もう意図的じゃね!?


嫌がらせ!?


店員、上司に何言われたかしらねーけど客にあたんなよ!

何!?ε=ε=(;´Д`)

何で最大4つまで乗るレーンに1つずつのせてくんだよ!

効率わりいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい(ρ゚∩゚) グスン

ではいきましょか^^

keitaigazou 060
やっぱり良い天気♪
昨日の画像が沢山余っていたので、昨日の画像から始めます。
keitaigazou 061

角度を変えて、これww

空しつこwwwでもそれだけ空が好きなんです^^

あと少しで合唱コンクール本番。
楽譜の表紙とかに色々かきたくなるもの。
keitaigazou 064

てれれってってれー。
スティッチ~(ドラえもん口調)

わかります・・・よね・・・?

ちなみに
keitaigazou 066

ハロウィンバージョンきも系スティッチ(自作)

色の組み合わせ描き終えてから後悔しましたwwwww

せめて白か黄色だ!!!!orz

で、生徒手帳の中をあさくってみると・・・。

小学校の時に行ったなんか研究宿泊(?)みたいなのに行ったときの寄せ書きの紙が出てきました。

keitaigazou 069


あいすみませんでした。

皆さんのコメントから私がどのような性格か、手に取るように分かると思いますorz
大山君には心の中で謝ります。
ちなみに彼は私と同じ年だったはずです。
覚えてないですが・・・。

keitaigazou 071

おー凹め凹め!
何か彼は当時の私が引くようなことしたんでしょうねぇ・・・・。
彼は・・・。
少なくとも中学2年生ぐらいだったはずです。当時。
ちょっと格好よくてですね、今みたいに童顔好きではなかったので、そこそこ気になっていましたね^^

keitaigazou 067

要するに合唱コンクールの練習を真面目にしない人たちへの愚痴ですw
ただ単に、この顔を書きたかっただけと思いますwwww

(ざまーみろ)ということですね。意味は。

では、今日。
keitaigazou 063

今日も快晴。
keitaigazou 062

撮れたてほやほやww



keitaigazou 072

ビーズ。
ちゃいます。石ですね。
左から(オニキス)、(蛍石)、(ラピスラズリ)です。
知り合いからいただいた宝物です^^
下にあるピンは石の転がり防止なので特に気にしないで下さい。

keitaigazou 075

同じく棚とかをあさくっていたら出てきたものです。
まぁ、プリントに書いてあった熱血コメント!

久しぶりに見た~
机の前のコルクボードに飾りますか。

keitaigazou 074

バッグのデザインww
ちゃうね。
完全にこれ違反ww

お守りは常につけていないと気が落ち着きません。
チェーンは・・・。

何でだろうね?

特に意味は無いということで^^

keitaigazou 043

最後。

学校にあったもの(?)です。
この手前にある丸い石を撫でると良いことが・・・


んなわけありませんwww


自力で夢を掴み取りましょうww











プロフ
アクセスカウンター
アクセスカウンター
カラコン 通販ダイエットサプリピアス通販モテコン
カテゴリー
  • ライブドアブログ